【24時間!】融資可能なキャッシングの権利を得る方法とは?

24時間キャッシングが出来る権利を得る方法とは?

24時間キャッシングが出来ると、とても便利です!

 

終電に間に合わなかったのに、タクシー代がない…
始発まで漫喫で寝たいけど、お金がない…
明日の朝一で引き落としがかかるのに、残高が足りない…

 

財布の中身ゼロ円

 

こんな時でも、あなたが24時間キャッシングできる権利を持っていれば問題ありません。

 

急に現金が必要になったときでも、コンビニのATMを使ってすぐに必要なお金を手に入れることが出来ます。

 

あなたは、どのようにしたら24時間いつでも融資可能な権利が得られるのかご存知ですか?

 

このページでは、24時間キャッシングできる権利を得られる方法を具体的にご紹介しています。

 

もしもあなたが、深夜などにお金が必要になることがあるかも…と思われるのなら、今すぐ以下を読み進めて下さい。

 

 

大手キャッシング会社との契約方法とは?

24時間キャッシングで現金を調達できる権利」を持っておきたいのであれば、以下の大手キャッシングサービスがお勧めです。

 

ATMキャッシング

 

ローンカード」を発行してもらうか、「アプリ登録」が完了済みで、かつ「融資枠」が残っている状態であれば、提携ATMなどでほぼ24時間のキャッシングが可能となります。

 

今後あなたが、万が一に備えて「24時間キャッシングできる権利」を持っておきたいとお考えなら、今すぐ以下を確認してください!

 

プロミス

 

ある程度の現金を低金利で借り入れできるのが消費者金融のキャッシングサービスです。

 

プロミスで24時間キャッシングの権利を手に入れるには、契約を結んでおく必要があります。

 

契約を結ぶ方法は三つあります。

 

  • インターネット
  • 自動契約機
  • 郵送

 

契約が一番しやすいのがインターネットを使った方法です。

 

パソコンやスマートフォンで簡単に申し込んでいけます。

 

プロミスの公式サイトへアクセスし、申し込みフォームに必要事項を入力してください。

 

審査の結果が遅い時や、在籍確認の手段について相談したい時は、プロミスのフリーコール(0120-24-0365)に電話してみると良いでしょう。

 

オペレーターが丁寧に対応してくれます。

 

本人確認書類は「運転免許証」などをスマートフォンで写真を撮って送信するだけです。

 

引き出し方法は指定口座への振り込みや、ローンカード、アプリのQRコードを使ってATMを利用する方法があります。

 

コンビニのATMなら24時間引き出しが可能ですが、手数料がかかることがあるので注意してください。

 

「三井住友銀行」と「ジャパンネット銀行」に口座を持っている場合には、原則24時間キャッシング可能となります。

 

返済に関しても、口座振替やATMを使って行えます。

 

瞬フリ(振込キャッシング)とは?

プロミスの瞬フリとは、以下のようなサービスになります。

  • 最短10秒振込
  • 24時間265日|土日・夜間でもご利用可能
  • 振込手数料0円
  • ※24時間振込可能な金融機関口座登録で24時間最短10秒で振込可能

 

プロミスでは多くの銀行で原則(24時間)最短10秒で振込が可能です。

 

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • スルガ銀行、など

 

初回の方に関しては、30日間無利息サービスが実施されています。(※メールアドレス登録とWeb明細利用が条件)

 

まだ、プロミスのローンカードをお持ちでなければ、まずは24時間キャッシング可能なプロミスで申し込んでみると良いでしょう。

 

プロミス店舗 プロミス自動契約機 三井住友銀行ローン契約機 プロミスATM
10〜18時 9〜22時 9〜21時 7〜24時
・店舗により異なる ・契約機により営業時間が異なる

・プロミス商品紹介ページで記載がある場合
・契約機により営業時間・休日が異なる

・ATMにより営業時間、休日が異なる

 

SMBCモビット

 

続いてSMBCモビットの契約方法について説明します。

 

便利なのは、公式サイトからの「WEB完結申込」です。

 

必要事項を記入すると、審査担当者から確認の連絡がメールできます。

 

本人確認書類をスマートフォンからアップロードしたら審査が始まります。

 

審査に通った段階で、SMBCモビットアプリから借入が出来ます。

 

WEB完結での申し込みであれば、以下のメリットが得られます。

 

  • 郵送物なし
  • 在籍確認の電話連絡なし
  • ローンカードの発行なし

 

自宅への郵送物がないことで、家族にバレるリスクが格段に減ります。

 

また、会社への在籍確認に関して、そもそも会社へあなた宛てで電話が入ることが不自然だって職場もありますよね?

 

そんな場合に、WEB完結であれば電話以外での在籍確認(必要書類など)が可能となります。

 

出来るだけ人に知られるリスクを減らしてキャッシングしたいと考えている人から、SMBCモビットが選ばれています。

 

WEB完結申込の条件
  • 社会保険証または組合保険証
  • 運転免許証またはパスポート
  • 給与明細2か月分・所得証明書・源泉徴収票のいずれか

 

SMBCモビットアプリにも対応しており、キャッシングの方法は「セブン銀行ATM」でスマートフォンでの取引メニューを選ぶだけです。

 

画面のQRコードをSMBCモビットアプリで読み取って、指示通りに進めていくとキャッシングが可能です。

 

返済をするときにはATM端末の取引画面で、ご入金を選んでください。

 

WEB申込は銀行振り込みでのキャッシングとなるため、土日などに振り込むことが出来ない点には注意しましょう。

 

その際には、通常のローンカードを発行しておけば土日祝日でも融資が可能となります。

 

アイフル

 

最後にアイフルの契約の仕方を紹介します。

 

アイフルもwebで契約が出来ます。

 

公式サイトから必要事項を入力し、審査に通れば契約手続きを完了できます。

 

ガラケーを使っていても契約が出来るので便利です。

 

契約が完了した後は、公式スマホアプリを使って引き出しや返済が行えます。

 

原則24時間365日キャッシングが出来るので非常に便利です。

 

アプリで借入や返済が出来るのはセブン銀行ATMです。

 

操作方法はSMBCモビットのアプリを使った取引とほぼ同じです。

 

24時間キャッシングの権利を得るには前もってクレジットカードを持っておいたり、消費者金融との融資契約を済ませておいたりする必要があります。

 

スマートフォンを使って簡単に契約が出来ますので、前もって行っておくと良いでしょう。

 

まずは3万円借りるつもりで即日融資の申し込みをしてみよう

 

お祝儀代の相場としても知られる「3万円」ですが、これから始めてキャッシングを利用する方には始めやすい金額かと思います。

 

生活費の足しに3万借りたい女性

 

返済の利息も少額で済みますし、3万円あると生活費の足しにもなりますからね。

 

また、即日融資を新規で希望される場合には、少額融資のほうが審査通過の可能性が高くなります。

 

初めての人が3万円を即日で借りるためのコツや条件などは、こちらで確認してください。

 

【今すぐ3万円借りたい】3万円即日融資の利息と条件とは?

 

キャッシングにおける「24時間」の落とし穴

 

キャッシング会社のCMやHPを見ていると、「24時間対応!」とか「年中無休」といったキャッシングに関する言葉を目にしませんか?

 

これらを見ると、24時間いつでもキャッシングの申し込みが出来て、振り込んでもらえるといった印象を持つ人も多いことでしょう。

 

しかし、実際には上記で説明した通り、単純な話ではありません。

 

24時間対応というのは、24時間申し込みを受け付けているというだけの話です。

 

審査をする時間は事前に決められていますので、24時間受付しても審査対応時間でなければ実質、非対応となります。

 

大手キャッシング会社であれば、提携ATMの数が多く、かつ自社で自動契約機を構えているところもあります。

 

営業時間もほぼ24時間とまではいかなくても、そういった深夜帯でもキャッシングのニーズを叶えられるのは事実です。

 

しかし、それには予めキャッシングの契約が完了していることが望まれます。

 

即日融資も条件が揃えば可能ですが、緊急の時に資料が準備できて、審査のタイミングに間に合って、スムーズに契約まで事が運ぶかは状況次第です。

 

やはり、24時間キャッシングする権利を事前に得ておくことが、いざという時の備えとしては安心でしょう。

 

審査をスムーズに進める為のコツ
  • 必要書類を準備しておく
  • 在籍確認をスムーズに行えるように対処しておく
審査がスムーズに進まない理由
  • 必要書類が揃っていない
  • 在籍確認が取れない
  • 他社借入の件数や残高が多い
深夜で在籍確認が出来ない場合は?
  • 在籍確認の電話以外(証明書類など)で対応してくれる
  • 営業日に改めて在籍確認の電話をする約束で即日融資してくれる

 

ちなみに、銀行カードローンは即日融資に対応していないのが実情です。

 

総量規制の対象にならなかった銀行カードローンは、過剰貸し付けなどが問題となって自主規制が敷かれています。

 

また、審査の際に「警視庁データベース」を照合することが義務付けられ、これによって照合するだけでも最短でも1日以上かかります。

 

よって、銀行カードローンは基本的に即日融資には非対応となっていますので、即日融資には基本的に消費者金融のキャッシングが主流となります。

クレジットカードで現金を調達する

クレジットカードのキャッシングも24時間利用可能です。

 

クレジットカードで支払う女性

 

24時間キャッシングする権利を持つためには、前もってクレジットカードを持っておかなければなりません。

 

大抵のクレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能がついています。

 

キャッシング枠

 

どのようにキャッシング機能を使ったら良いでしょうか?

 

キャッシングは下記の端末から行えます。

 

  • 提携銀行のATM
  • コンビニのATM
  • コンビニのマルチメディア端末

 

これらの端末にクレジットカードを入れて、現金を引き出すだけです。

 

すでにクレジットカードを持っているということは、裏を返せば24時間キャッシングできる権利を持っているとも言えるわけです。

 

通常、クレジットカードをいえば「ショッピング枠」がメインであり、あとは「ポイントが貯まる」くらいの機能しか無いと思っている人も多いことでしょう。

 

端末画面でお引き出しを選択し、クレジットカードを入れると借入が出来ます。

 

返済方法は基本的に1回払いとなります。

 

クレジットカードのキャッシングのメリットは、借入をするときに審査がないことです。

 

すでにクレジットカードを作るときに審査が終わっているため、スムーズに現金の引き出しが行えます。

 

デメリットは簡単な操作なので、借金の意識が少なくなり借りすぎてしまうことです。

 

借り入れできる限度額が低いこと、返済方法が柔軟でないことなどのデメリットが挙げられます。

 

クレジットカードのショッピング枠が20万、キャッシング枠が10万とします。

 

そして、すでにショッピング枠で15万使っている場合には、キャッシング枠は5万円までになります。

 

「10万借りれると思っていたのに、5万しか借りれなかった…」

 

つまり、ショッピング枠の中にキャッシング枠10万円が含まれているわけですので、この仕組みについては知っておくと良いでしょう。

 

現金化

 

クレジットカードの現金化をご存知でしょうか?

 

単純な話、金券やギフト券などをクレジットカードで購入して、それを中古買取店などで売却して現金を得るという方法です。

 

当然、クレジットカードで購入した金額よりも安く買い取られてしまいます。

 

また、クレジットカードで購入したい以上は、翌月以降に請求がきます。

 

どうしても現金が必要だという場合には、こういった方法をとる人もおられますが、基本的にはお勧めしません。

 

クレジットカード会社でも現金化を規約上で違法とみなし、カード停止などの理由とする場合もあります。

 

また、クレジットカードの現金化を請け負う業者もありますが、中には詐欺業者も含まれていることが多いので注意が必要です。

 

悪徳詐欺業者に引っかかってしまうと、あなたの「個人情報が漏洩」「低い換金率のため現金が少ない」といった被害が予想されます。

 

あと、絶対にやってはいけない方法として以前に横行していた方法があります。

 

それが、一旦カードで購入して、そのあと直ぐにキャンセルするという方法です。

 

そうすると、お店側が現金で返金してくれるケースがあるため、わざと「購入→キャンセル」をして現金を調達する方法が横行していました。

 

これら違法ともいえるような方法で現金を調達しても、そのリスクは計り知れません。

 

こういったスタンスで生活していれば、他のことでもリスクを平気で犯すような生活になってしまい、健全な生活を営むことは難しくなってしまうでしょう。

 

現金が必要であれば、法律に違反しない方法でお金を調達するようにしましょう。

親や知人との関係悪化を覚悟して依頼する

一番手っ取り早いのは、親や知人にお金を借りる方法です。

 

家族でショッピング

 

ただ、ロクなことにはならない…と経験者は語ります(-_-;)

 

親や知人にお金を借りるメリットは、24時間いつでも連絡が出来ることです。

 

現金を手に入れなくてはいけないときに、親しい友人や親であればすぐに連絡したりお願いしたり出来ます。

 

お金を借りても個人信用情報に記録が残ることはありません。

 

カードローンやキャッシングを利用すると個人信用情報(JICC、CICなど)へ記録が残ります。

 

借金をしていることが金融機関の情報を参照する機関へ登録されてしまうのです。

 

遅延など無く返済していれば悪い履歴が残ることはなく問題になることはありませんが、延滞すると事故として記録が残ってしまいます。

 

信用情報に傷がついてしまうと、キャッシングだけでなく各種ローンや賃貸住宅の契約、はては携帯代の分割払いなどにも制限が出てしまうことがあります。

 

周りの人からお金を借りると利息がかからないのもメリットです。

 

場合によっては、貸している方が「返してくれ…」とお願いするような立場となり、どちらが優位な立場なのか分からなくなることも多々あります。

 

反対にデメリットとしては、上記の通り信頼関係が壊れてしまうことですね。

 

お金を借りた後に返せなくなったり返済を忘れたりすると、これまでの親子関係や友達関係が崩れてしまうリスクがあります。

 

お金をきちんと返したとしても、困ったときにはお金を借りに来る人とみられてしまいます。

 

もしかしたら返済時に利息を求められることがあるかもしれません。

 

反対に、相手からお金を貸して欲しいと言われる可能性もあります。

 

結果的にカードローンを利用した方が安く上がることもあるので気をつけましょう。

 

親や知人にお金を借りると、連絡するたびに「また借金の相談かも…」と思われてしまいます。

 

良好な人間関係を維持していきたいと思っているのであれば、お金の貸し借りは「百害あって一利なし!」と断言できます。

持ってはいけない24時間キャッシングの権利とは?

同じキャッシングでも、違法な業者からのキャッシング権利は持っていても危険でしかありません。

 

  • 無職でも24時間キャッシングOK!
  • ブラックの人でもキャッシングOK!
  • 無担保・即日融資、他で断られた人でもOK!
  • 無職でも24時間キャッシング可能!

 

闇金の恐怖

 

闇金の危険性については、改めて説明するまでもないかもしれませんが…。

 

漫画や映画の世界を地で行く生活を送りたい人であれば別ですが、無登録の違法な業者からの借り入れほど危険なものはないでしょう。

 

違法な業者ほど、24時間365日、電話一本でどこにでもお金を運んできてくれます。

 

一見、非常に便利で充実したサービスにも感じられますが、返済に対する負担の大きさには目を見張るものがあります。

 

通常、金利が年利で18%などであるのに対して、違法な業者は法律無視によるスーパー高金利となっています。

 

10万円を借りる話だったのに、9万しか借りれない…。

 

なぜか?

 

初回の貸し出しの時に、すでに金利の1万円が引かれているからです。

 

たった10日借りるだけで、1割の金利が発生するのが闇金業界ではザラにあります。

 

24時間キャッシングできる権利を持ち立ちからと、安易に闇金業者と契約を結ぶようなことがないようにしましょう。

 

あなたが、健全なキャッシング業者からの24時間キャッシング権利を得たいのであれば、今すぐ以下を確認してください。

 

キャッシング

トップへ戻る